評判の資料作成代行サービスランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

プレゼン成功に見た目が与える影響とは?好印象を与える方法

公開日:2021/09/15  最終更新日:2022/09/12

「プレゼンを成功させるために必要なこと」と聞いて何を思い浮かべますか?多くの人は、プレゼン内容の質や発表者の話し方が大切であると考えるでしょう。もちろんそれらも重要ですが、プレゼンの成功には「見た目」も大きな影響を与えます。今回は、プレゼン発表時に見た目で好印象を与える方法について解説します。

プレゼンを成功させるには見た目も大切

「メラビアンの法則」を知っていますか?メラビアンの法則とは、矛盾した情報が発せられたとき、人は「視覚」からの情報を優先して受け取るといった法則です。

たとえば、怒った顔で「好き」といわれた場合、視覚情報のインパクトによって聞き手は「嫌い」と思っているのだろうと判断することが多いです。このように、「視覚情報」から受け取る印象は55%、「聴覚情報」から受け取る印象は38%、「言語情報」から受け取る印象は7%であるといわれています。

この法則をプレゼンに当てはめると、どれだけプレゼン中の説明内容がよくても(言語情報)、見た目(視覚情報)や話し方(聴覚情報)に問題があれば、聞き手はよい印象を持ってくれない可能性が高いといえるでしょう。

とくに視覚情報は、全体の印象を決める大きな要因となり得ます。メラビアンの法則がどんな場面でも必ずしも当てはまるわけではないかもしれませんが、人前に立ってプレゼンをするのであれば、清潔感のある服装や髪型など見た目を整えることは大切です。

また、真剣に話すあまり険しい顔になってしまわないよう、話すときの表情についても意識できるといいですね。

プレゼンで好印象を与える方法

それでは、プレゼンで好印象を与えるためには具体的にどのような点に気をつけたらよいのでしょうか?ここでは好印象を与える見た目について、4つのポイントをご紹介します。

身だしなみ

服装や髪型などの身だしなみにおいてキーワードとなるのは「清潔感」です。

人の第一印象は、出会ってから3秒で決まるといわれています。パッと見たときにだらしなさを感じてしまう身だしなみでは、その後のプレゼンにも説得力がなくなってしまうかもしれません。服にシワが寄っていないか、前髪が目にかかっていないかなど、鏡を見て全身をチェックするとよいでしょう。

笑顔

身だしなみと同様、プレゼン前の挨拶をするときやプレゼン中の表情も大切なポイントです。無表情や険しい表情では、やはり聞き手によい印象は与えられません。爽やかな笑顔は好印象を与えるだけでなく、会場の空気を和ませ、自分自身の緊張を和げる効果も期待できます

実際に話している姿を動画に撮ってみると、自分で思っているよりも固い表情になっていた…ということも少なくありません。プレゼン前にはぜひチェックしておいてください。

目線

聞き手に思いや熱意を伝えたいとき、目線はとても重要です。真っ直ぐに相手の目を見ることで真剣さが伝わり、聞き手は話の内容に引き込まれます。逆に、目線が定まらずあちこちに泳いでしまうと、自信のなさや不安が伝わってしまうでしょう。

基本的には手元の資料やスライドに視線を置いて、とくに強調して伝えたい部分で聞き手の目を見るなど、やりすぎない程度にメリハリをつけると効果的です。

姿勢

プレゼン中、手元の資料を見ているときに猫背になっていませんか?姿勢が悪く、下を向いたままで話していると、印象も悪く自信がなさそうに見えてしまいます。

背筋を真っ直ぐに伸ばして前を向いて話すことで説得力が増し、話し声もハキハキとした聞き取りやすいものとなります。自分でも気が付かないうちに姿勢を崩してしまっていることもあるので、姿勢を正して話すことを常に意識しましょう。

プレゼン資料にこだわることも大切

ここまで、プレゼンにおける見た目の大切さや好印象を与えるポイントについて解説してきました。「この人の話を聞いてみたい」と思わせるためにも見た目はもちろん大切ですが、内容や質がともなっていなければプレゼンは成功しません。

「デザインをシンプルにする」「1枚のスライドに内容を詰め込みすぎない」「先に結論から提示する」など、わかりやすいプレゼン資料を作成するポイントはいくつかありますが、内容にもデザインにもこだわったスライドを作るのは難しいですよね。資料作りが苦手な人は、資料作成代行を利用するのもひとつの手です。

資料作成代行とは、プレゼン資料や構成作り、スライドデザインの作成などを代行してくれるサービスです。「構成案からお願いしたい」「スライドのデザインのみ作成して欲しい」など、希望によって代行範囲を指定することも可能です。

資料作成代行を利用することで、プロによる質の高いプレゼンが完成するのはもちろん、これまで資料作成にかけていた時間で他の仕事ができるなど、業務の効率化にもつながります。内容によって費用はまちまちですが、1スライド約4,0005,000円が相場となっています。

 

今回は、プレゼンにおいて見た目が与える影響と意識すべきポイントについて解説しました。服装や髪型といった身だしなみはもちろんですが、目線や姿勢などの細かいところまで意識できるとさらに印象がよくなりますね。また、いくら見た目で好印象を与えられても、内容がともなっていなければ意味がありません。資料や構成にもこだわって、プレゼン発表を成功させてくださいね!

おすすめ関連記事

SEARCH

新着情報

優れた企画書を作成するためには、いくつかのポイントを抑えなければいけません。企画書を作成するとき、自社内や自分自身で作成するのが困難な場合、外注できるサービスをご存じですか?ここでは、優れた
続きを読む
資料作成代行サービスとは、資料の作成を代行してくれる事業者のことをいいます。このサービスを利用することで、クオリティの高い資料が作成できるほか、作成や打ち合わせに使う時間の短縮にも繋がるため
続きを読む
相手に伝わる資料作成のためには、文章力やデザイン力が必須です。しかし「魅力的な資料を作成したいと思ってもなかなか時間が取れない」「パワーポイントが苦手」と悩む方もいるでしょうか。そこでおすす
続きを読む