評判の資料作成代行サービスランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

優れた企画書を作成するには?代行サービス依頼のメリットや費用相場もチェック!

公開日:2022/07/15  最終更新日:2022/06/15


優れた企画書を作成するためには、いくつかのポイントを抑えなければいけません。企画書を作成するとき、自社内や自分自身で作成するのが困難な場合、外注できるサービスをご存じですか?ここでは、優れた企画書を作成する意義や作成のポイント、企画書の作成を外注するメリットや費用の相場をお伝えしたいと思います。

企画書を作成する意義とは?

まず、企画書を作成する意義について述べていきたいと思います。企画書とは、商品やイベントなど、実際に行われる具体的な計画やスケジュールがまとめられている資料のことです。企画書は、会社が事業として達成したい目標が掲げられているものが多く、達成することを目的に作成します。企画書と類似したもので、提案書と言われるものも存在します。

企画書とは、アイデアや目的達成のための情報や、構想・戦略などを具体的にまとめたものです。このなかには、担当者や実行できるための具体策、費用対効果なども含まれます。したがって、企画を実行するためのデータや情報が網羅されている資料と言えます。

一方、提案書とは、アイデアや目的達成のための大まかな方向性を提示するための資料になります。つまり、企画書を作成するための前段階で作成される資料のことです。そして、提案書が承認された場合、これをもとに企画書を作成していきます。

以上からもわかるように、一般的な流れとしては、提案書を提示してから企画書という流れになっています。

優れた企画書のポイント

■簡潔明瞭にまとめられている

内容が誰にでもわかりやすく、まとめられていることが必要です。誰に対して提案する企画書なのかイメージし、読み手が十分解釈できる内容かを考えながら作成しましょう。わかりやすさを追求する場合は、なるべく専門用語は避けて使用することが望ましいです。

また、一文を長くしないように心がけた方が、読み手に伝わりやすいです。このほかに、データや数値をグラフ化するとより分かりやすい内容になります。内容の説明や根拠なども提示することで、よりまとめられた内容の企画書になります。

■十分な情報が網羅されている

必要な情報が十分にあることが、優れた企画書の条件となります。目的や課題を達成するための具体策やデータなどの根拠を提示することで、戦略が明瞭になります。また、達成できた場合の成果やメリットなども記述するとよいでしょう。

基本的に、優れた企画書には6W2Hを明確に記述することが求められます。6Wは誰が(who)、何を(what)、誰に(who)、いつ(when)、どこで(where)、なぜ(why)、2Hはどのようにして(how)、いくらで(how much)になります。この一つでも抜けると、読み手は具体的なイメージができなくなってしまうため、これらを決めてから企画書の作成にあたるとよいでしょう。

■視覚的な質の高いもの

企画書の内容のほかに、視覚的な見やすさを追加することで、企画の内容がより相手に伝わりやすいと言われています。このなかには、フォントや字体の種類も含まれます。一般的には、ゴシック体が視覚に訴えやすいと言われており、Windowsであればメイリオという字体も見やすいと言われています。

字体の他に、行間を適度に空けることやカラーバリエーションを抑えることも必要です。あまり派手にしすぎると、内容が読み手に伝わらなくなることがあるため、注意しましょう。パワーポイントや動画を作成すると、より効果的なプレゼンが可能です。さらに、アニメーションなども活用をすると強調して伝えたいときに効果的です。これらを加味すると、ビジュアル的な要素は優れた企画書の要素といえます。

企画書作成を外注することのメリット

企画書の作成を代行してもらうことのメリットはとてもあります。

■クオリティの高い企画書ができる

代行サービスを活用することで、自作では作成することが難しいような、クオリティの高い企画書ができることがあります。代行サービスの社員は、企画書や提案書に関してのノウハウを十分に学んでいる人が大半です。また、具体的な構想を打ち合わせすることで、クライアントがどのような要望を持っているのかを判断してくれます。経験も豊富にあるため、見栄えの良い企画書を作成することが可能です。

■時間の節約ができる

ときには、提出期限の短い企画書の作成を要求されることがあります。自作で行う場合、これをほかの業務と並行して作成しなければいけないため、限られた時間での作業になります。そのようなときも、資料作成代行サービスを依頼することで、期日までに作成してくれることが可能です。また、オンラインでの発注などもあるため、打ち合わせなどの時間も削減されることに繋がります。

企画書作成の代行依頼先と費用相場

■資料作成代行サービス

多様な資料の作成代行に特化した事業者です。企画書のほかに提案書・事業計画書・その他の資料など、さまざまなものに対応しています。費用はリーズナブルな傾向にあり、プレゼン用のパワーポイントなどの作成も可能です。

・基本料金(企画書1ページ):約1~15,000円(税込)

<オプション料金の相場>
・デザイン費(1ページ):約1万円(税込)~
・グラフの作成(1点):約5,000円(税込)~
・パワーポイントの作成・設定:約1万円(税込)~

■企画書作成代行サービス

企画書の作成を専門としている事業者です。経験の豊富な担当者が多く在籍しているため、クオリティの高い企画書を作成してくれます。ただし、費用が高額になるケースが多い傾向にあります。

<費用相場> ※企画書のページ数などにより変動
・内容の構成が決まっている場合:約5万円(税込)~
・内容の構成から依頼する場合:約8万円(税込)~

■デザイン会社

企画書などの資料以外にも制作物など、デザインをメインとして手掛ける事業者です。そのため、ビジュアル的にはクオリティの高い仕上がりになることはありますが、企画書の構成から依頼することで、コストがかかることがあります。また、既存の企画書をブラッシュアップしてくれるサービスもあります。

<費用相場>
・既存のデザインブラッシュアップ(1ページ):約8,000円(税込)~1万円(税込)
・構成・作成(1ページ):約2万円(税込)~
・企画書の構成・作成すべてを依頼する場合(1ページ):約4万円(税込)~

■クラウドソーシングサービス

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人や仕事を探している人をネット上でマッチングすることを言います。個人や企業で登録しているワーカーを募集したり、登録している商品や内容を検索して。交渉することが可能なシステムです。サービスやワーカーによって費用相場が異なることがあります。

<費用相場>
10ページ以内の企画書作成:約15,000円(税込)~10万円(税込)(参考価格)

 

いかがでしたか?優れた企画書を作成するためには、さまざまなポイントがあります。これらを十分把握したうえで、企画書を作成することが重要と言えます。昨今では、企画書の作成を代行してくれるサービスが充実しているため、クオリティの高い企画書を作成したい場合は、ぜひ活用してみるとよいでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着情報

優れた企画書を作成するためには、いくつかのポイントを抑えなければいけません。企画書を作成するとき、自社内や自分自身で作成するのが困難な場合、外注できるサービスをご存じですか?ここでは、優れた
続きを読む
資料作成代行サービスとは、資料の作成を代行してくれる事業者のことをいいます。このサービスを利用することで、クオリティの高い資料が作成できるほか、作成や打ち合わせに使う時間の短縮にも繋がるため
続きを読む
相手に伝わる資料作成のためには、文章力やデザイン力が必須です。しかし「魅力的な資料を作成したいと思ってもなかなか時間が取れない」「パワーポイントが苦手」と悩む方もいるでしょうか。そこでおすす
続きを読む