評判の資料作成代行サービスランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

フリーランスに資料作成を代行してもらうメリット・デメリットとは?

公開日:2021/10/15  最終更新日:2022/09/12


昨今、大企業でもフリーランスへ業務を外注する機会が増えてきました。実際に、依頼してよかったと答える企業が多いというデータもあります。では、資料作成代行の専門業者がある中、フリーランスへ依頼するメリットにはどんなものがあるのでしょうか。また、デメリットはないのでしょうか。今回はそのことについて、説明します。

フリーランスに資料作成を代行してもらうメリット

企業がフリーランスへ資料作成を依頼するのは、どういった理由からなのでしょうか。よく挙げられる理由としては、「作業の効率化を測るため」「社員にしかできない作業に集中するため」「社内の常識にとらわれず、外から新しい知識や技術を取り込むため」などがあります。それでは、実際のメリットを挙げてみましょう。

■専門のスキルを持つ人材の協力を得られること

社内でこの業務を行うとなると、専門の知識やスキルを磨くために、人材教育や新しいプロジェクトの立ち上げ、さらには中途採用で即戦力となる人材を手に入れるなどの時間やコストがかかります。そのためだけに教育に時間をかけたり、新しいプロジェクトを立ち上げたりするための企画をたてるのは、企業にとって大きな時間のロスとなります。

また、中途採用にも時間・費用がかかるほか、そのためだけに人件費を割くのが難しい場合もあります。フリーランスを起用することで、そのような時間と費用の浪費を防ぎ、既に専門的な知識・スキルを持った優秀な人材が即戦力となり、質のよい資料を納品してもらうことが可能になるのです。

■社内の業務負担が軽減できること

企業の人手不足が謳われる中で、業務の一部をフリーランスに委託することにより社員の業務を軽減できます。フリーランスでは、資料作成代行を得意とする方も多く存在します。まとめたいことやデータさえ用意していれば、あとはフリーランスでも資料をすぐに作ることができるようです。

逆に、社内教育や営業活動など、社員にしかできない仕事というものも必ず存在します。フリーランスに任せられる業務を依頼しておき、その分他の業務を行う余裕ができるわけです。

■社外から新しい知識や技術を取り込める

今まで社内で行っていた作業をフリーランスに依頼することで、これまでになかった新しい発想や知識、技術、意見などを発見できます。とくに、フリーランスには専門的な知識や技術を持った人がたくさんいます。それぞれのフリーランスごとに経験してきたものが異なるため、たくさんの新しい風を取り込むことができるでしょう。そうする中で、業務の幅が広がり、新しいサービス展開の可能性が広がるでしょう。

フリーランスに資料作成を代行してもらうデメリット

フリーランスに資料作成を依頼する中でメリットもありますが、残念ながらデメリットも存在します。

■継続的に業務を依頼できる保証がない

フリーランスは自分で受ける仕事を選べるため、とくに優秀な人材であれば他社からも引っ張りだこになってしまう恐れがあります。より条件のよい仕事を選ぶでしょう。フリーランスに頼りすぎると、依頼ができなくなった途端に業務の効率ががくっと落ちる、社内のノウハウが蓄積しないというデメリットがあります。フリーランスへ依頼しながら、依頼できなくなったときのための社員教育も怠ってはならないでしょう。

■人材の確保や品質の見極めが難しい

フリーランスに依頼する際に、どの程度のクオリティのものを納品してもらえるかは依頼してみないとわかりません。また、個人で活動しているため、どのような忙しさの中で、どのような働き方をしているかを企業が知るのは難しいことです。

そして、フリーランスと実際に出会い、依頼をすることが容易ではないことも挙げられます。フリーランスを探す場合は、クラウドソーシングサイトを利用するのがおすすめです。多数のフリーランスが登録しており、こちらから依頼したい案件を公表したり、特定のフリーランスへ直接オファーをかけたりすることも可能です。フリーランスが過去にどのような仕事を行ったかということや、評価なども参考にすることができます。

資料作成の代行は、専門サービスの利用がおすすめ

資料作成の代行はフリーランスにも依頼することが可能ですが、質や安定性を求めるのであれば、やはり専門業者へ頼むのが安心といえるでしょう。もちろんプロの業者に依頼をする分、費用は割高になってしまいます。しかし、確実に依頼でき、会社の名前を背負っている分品質も保証されています。

 

優秀なフリーランスと出会え、継続的に業務を依頼できれば、大きな戦力となるでしょう。しかし、なかなかそうもいかないのが現実です。フリーランスに依頼するメリットは大きいですが、そもそも依頼をすることが難しいといったデメリットがあります。うまく見極めながら、必要に応じて専門サービスを利用しましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着情報

優れた企画書を作成するためには、いくつかのポイントを抑えなければいけません。企画書を作成するとき、自社内や自分自身で作成するのが困難な場合、外注できるサービスをご存じですか?ここでは、優れた
続きを読む
資料作成代行サービスとは、資料の作成を代行してくれる事業者のことをいいます。このサービスを利用することで、クオリティの高い資料が作成できるほか、作成や打ち合わせに使う時間の短縮にも繋がるため
続きを読む
相手に伝わる資料作成のためには、文章力やデザイン力が必須です。しかし「魅力的な資料を作成したいと思ってもなかなか時間が取れない」「パワーポイントが苦手」と悩む方もいるでしょうか。そこでおすす
続きを読む